石田  厚のホームページにようこそ

Atsushi Ishida

Atsushi ISHIDA, Professor

石 田  厚

京都大学 生態学研究センター 教授

首都大 学東京 客員研究員
森林総合研究所 客員研究員

〒520-2144  滋賀県大津市平野2−509−3

Center for Ecological Research, Kyoto University
509-3, 2-Hirano, Otsu, Shiga 520-2113, Japan

Phone: 077−549−8233
Fax:    077−549−8201

E-mail: atto[@]ecology.kyoto-u.ac.jp        
(送る際は[@]の部分を半角の@に変換してください)
更新 2013年1月2日        


研究分野: 植物生理生態学、樹木生 理学

Research Area: Plant Ecophysiology, Tree Physilogy


植物は固着性であるため、生理特性や形態特性をさまざまに変化させて、資源の獲得や環境ストレスに対抗しています。そのため植 物は、生理や形態特性に大きな違いをもたらせています。この多様な生理や形態特性を調べていくことが、生理生態学です。この研究室では、植物個体の生理を ベースに、細胞から個体レベルの形(Form)や生理機能(Function)から、植物の環境適応や、分布・共存・移入・遷移といった生態学的な現象 が、どういった仕組みで起きているのかを研究しています。これらの研究は、温室での苗木実験や野外調査からおこなっています。

大 学院生を募集してます。


主な調査場所と研究概要(Main Research Sites and Study Outline):

Ogasawara  小笠原 (Bonin islands) での研究を紹介しています。

こ こでは小笠原の乾燥尾根部に生育する植物の生理生態的特 性のデータベースを公開しています。

写真は小笠原産まれのアオウミガメの赤ちゃん




ThaiSwallow
 
タイ
(Thailand)での研究を紹介しています。

写真は、タイのお寺で撮ったツバメの赤ちゃ ん





プロジェクト研究: 

Sunset


現行の、そして過去に行った主要 なプロジェクト研究のリスト

写真は小笠原の夕日


履歴 (Profile) :

DragonFruit写真はタイのドラゴ ンフルーツ


研 究業績(Publications)



PassionFruit写真は小笠原のパッ ションフルーツ



講義(Teaching):

Mango1) 生 態学 I (京都大学 理学部)
2) 生物学実習B 野外調査法(京都大学 理学部)
3) 野外実習2(京都大学 理学部)
4) 生態科学のリレー講義 (全学 1,2回生向け)
5) ポケットゼミ: 首都大学東京の可知先生やロング 先生らと共同して、小笠原で自然科学と社会科学融合の野外講座(全学 1回生向け)を開講しています。

写真はタイのマン ゴーともち米のデザート



石田厚の英語版ホームページへ(Go to English Homepage of Atsushi ISHIDA)


京都大学生態学研究センターのホームページ へ