Stable Isotope Ecology

安定同位体生態学共同研究・安定同位体質量分析計共同利用のページ

 

共同利用機器










Thermo Fisher DELTA V plus

2010年製

元素分析計(EA)・熱分解型元素分析計(TC/EA) ・ガスクロ燃焼装置(GC/C/) ・液クロ燃焼装置(LC/C/)付き質量分析計








Thermo Fisher DELTA V advantage 2014年製

元素分析計(EA)#6-10倍高感度改造EA・プレコン-ガスベンチ (PreCon-Gasbench) 前処理装置・ガスクロ燃焼装置(GC/C/) 付き質量分析計












Sercon 20-22 (PT-GC-IRMS)

脱窒菌法によるNO3- のN, O測定







IsoPrime, vario MAX for IRMS

トレーサ実験サンプル用のIRMS


一部の機器については現在調整中ですので、詳細は下記お問い合わせ先までご連絡ください。


お問い合わせ先

分析など全般に関して

木庭啓介

keikoba”@”ecology.kyoto-u.ac.jp

もしくは、

質量分析計共同利用・共同研究担当(平澤)

cermass”@”ecology.kyoto-u.ac.jp

〒520-2113 大津市平野2丁509-3

Tel&Fax: 077-549-8254


共同利用・共同研究書類の送り先

京都大学生態学研究センター

共同利用・共同研究拠点係

kyodo-riyo”@”ecology.kyoto-u.ac.jp

電話:077-549-8200

 
 

2019年度より自然存在比レベルの同位体比精密測定を主要な目的とした従来の部屋とは別の部屋に【トレーサーレベルのCNO同位体測定】が可能な機器を試験運用開始します。ご興味のある方は個別にご相談ください。尚、従来の部屋へのトレーサーラベル化合物、使用器具の持ち込みは固くお断りします。


2018年度より【脱窒菌法によるNO3- のN, O測定 】を共同利用の対象とします。

個別にご相談ください。


2017年10月 メンテナンス記録を外部のブログで公開しています

2003年11月~2014年11月まで担当されていた陀安一郎教授は総合地球環境学研究所へ異動しました。

 
お知らせ
 

安定同位体生態学とは?

主に生元素の「安定同位体比」を用いて、生態系の食物連鎖構造や物質循環について研究する分野をいいます。元々は、地球化学分野で発展してきた分野ですが、生物-環境相互作用も研究対象になるため、生態学においても近年急速に標準的な手法になってきました。

簡単な安定同位体生態学の説明を読みたい方は、こちらを参照してください

担当者:木庭啓介の研究に関してはこちら。

共同利用・共同研究拠点

京都大学生態学研究センターは、1991年の第一期発足当時より大学共同利用機関として質量分析計の共同利用事業を行ない「安定同位体生態学」の情報交流に努めてきました。2010年度より、生態学・生物多様性科学における共同利用・共同研究拠点として新たに発足し、2016年度からの6年間の再認定を受けました。

分子解析手法を用いた生態学的研究(安定同位体生態学)では、有機物の炭素・窒素・酸素の安定同位体比分析を利用した研究を、共同利用・共同研究事業としております。

•質量分析計の共同利用・共同研究の申し込みについては、まずは担当者(木庭啓介 keikoba”@”ecology.kyoto-u.ac.jp)まで詳細をお問い合わせください。正式な申し込み方法は、その後共同利用・共同研究拠点のページに従って申し込んでいただきますので、そちらもあらかじめご覧ください。なお、利用に当たっては保険(学生の場合は学生傷害保険など)に加入している事が条件になります。


•最新の共同利用予定表はScheduleページにあります。

•近年の利用実績はPublicationsのページをご参照ください。


共同利用・共同研究拠点の活動として、 下記の論文で検量した炭素・窒素安定同位体比の標準試料を当施設利用者に配布しています。

Ichiro Tayasu, Riyo Hirasawa, Nanako O. Ogawa, Naohiko Ohkouchi and Keita Yamada (2011)

New organic reference materials for carbon- and nitrogen-stable isotope ratio measurements provided by Center for Ecological Research, Kyoto University, and Institute of Biogeosciences, Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology.

Limnology 12: 261-266.  DOI: 10.1007/s10201-011-0345-5

http://www.springerlink.com/content/n53k331285802731/

 

脱窒菌同位体比測定法ワークショップ2020

例年5月に開催しておりましたが、本年は11月以降に開催予定です。

日程、募集期間等が決まりましたら,お知らせ致します。


安定同位体生態学ワークショップ2020

例年9月に開催しておりましたが、本年は規模を縮小して10月〜11月に行います。詳細はこちら。

尚申込締め切りは2020年7月31日です。

 

共同利用受け入れを再開いたしました。

新型コロナウイルス COVID-19への対応に関して】
現在の共同利用の方針は以下といたします。
急なスケジュール変更となる可能性がありますので、ご承知おきください。
◉各人の所属機関の方針を遵守してください。
◉利用者ご自身に発熱等の風邪症状が見られる場合もご利用をご遠慮ください。
利用者の人数は最低限でお願いします。実験室内に同時に居るのは2名までです。
また精密天秤室は換気ができませんので、定員1名とさせていただきます。
◉建物入り口、MASS部屋の入り口、トイレなどにアルコール消毒液を常備しておりますので適時、ご利用ください。
◉これまで実験用のマスクを実験室に常備してご利用の皆様に供給してきましたが、昨今の状況によりマスクの入手が難しくなっております。各自でマスクをご準備ください。
また、館内ではマスクの着用をお願いします。
◉当センター内および共同利用者に 新型コロナウイルス感染者が出た場合は、当センターはいったん閉鎖となり共同利用も停止いたします。
◉当センター利用後、 新型コロナウイルス の感染が判明した場合は速やかに連絡をお願いいたします。

安定同位体生態学ワークショップ2020

参加者募集中

本年は規模を縮小して10月〜11月に行います。詳細はこちら。

尚申込締め切りは2020年7月31日です。