京都大生態学研究センター

menu

沿革・組織

沿革

1914年(大正3年)9月25日 京都帝国大学医科大学附属臨湖実験所創立。
1922年(大正11年)4月1日 京都帝国大学理学部附属大津臨湖実験所となる。
1964年(昭和39年)4月1日 京都大学理学部附属植物生態研究施設設置。
1991年(平成3年)4月12日 上記2施設を母体として生態学研究センター設立。5研究部門で発足。その後、平成10年までに3部門が増設。
1998年(平成10年)8月1日 滋賀県大津市上田上平野町に新実験棟を竣工。
2001年(平成13年)4月1日 第二期生態学研究センター設立。大部門制(生態学研究部門)で発足。
2001年(平成13年)4月1日 総合地球環境学研究所流動連携研究機関となる。
2004年(平成16年)4月1日 国立大学法人化にともない、国立大学法人京都大学生態学研究センターとなる。
2010年(平成22年)4月1日 文部科学省により、生態学・生物多様性科学の先端的共同利用・共同研究拠点として認定される。

組織