京都大生態学研究センター

menu

招へい研究員

招へい研究員の募集

生態学研究センターでは、海外からセンターに3ヶ月~1年間滞在して生態学の研究をおこなう招へい研究員を毎年募集しています(最大4名)。募集期間は、例年9月下旬から11月末の約2か月間です。

・平成29年度(2017年度)の招へい研究員募集(2018年4月1日~2019年3月31日の間に滞在)
 募集期間:平成29年9月27日から11月30日まで
・応募の際、センターの教員1名が受け入れ教員となる必要があります。下記募集要項(PDF)を読んだ上で、必ず事前に申請者本人が希望の教員とメール等で連絡を取り、直接ご相談の上応募ください。

・募集要項(2017年度申請用英語PDF:69kB)

  • ・平成28年度(2016年度)の招へい研究員募集 申請書類提出締切日:平成28年11月30日(終了しました)
  • これまでの招へい研究員のリスト(2001年度~2016年度)

    (以下、敬称略)

    2001:橘川次郎
    2002:田 萬植, B. W. Brook
    2003:F. Rassoulzadegan, M. W. Sabelis, T. C. Maximov
    2004:A. Telschow, J. N. McNeil
    2005:M. W. Sabelis, T. C. Balser, F. Rassoulzadegan
    2006:J. N. McNeil, 謝 志豪
    2007:T. P. Craig, D. N. E. Calas, M. W. Sabelis
    2008:A. Telschow
    2009:F. Rassoulzadegan, M. W. Sabelis, N. Behera
    2010:M. Maffei, F. Rassoulzadegan
    2011:K. Marhold, S. J. Plaistow, R. Li
    2012:K. Marhold, 謝志豪, M. W. Sabelis, F. Rassoulzadegan
    2013:A. Hernandez-lopez, R. P. Shefferson, T. K. Kar, E. J. Cooper
    2014:J. J. Piggott, J. K. Bailey, H. F. Rakotomanana
    2015:W. A. N. Dodd, 清水健太郎, A. K. Valtonen
    2016:T. P. Craig