京都大生態学研究センター

menu

一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

生態研では、全国各地の京都大学の教育研究地施設が公開イベントを実施する「京大ウィークス」の一環として、一般公開「学校で習わない生き物の不思議」を行っています。地域の方に生態研の活動を紹介するとともに、科学や生態学、身近な環境に対する興味や関心を持っていただけたらと考え、毎年秋に開催しているものです。例年80名程度の方に参加していただいています。

2017年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」開催のご案内です
(2017-09-07)

ポスターの pdf ファイルは、こちらからダウンロードして下さい。(1.24MB)

◆開催日時と場所
・日時:10月14日(土) 13:00〜16:00
・場所:京都大学生態学研究センター(滋賀県大津市平野2丁目509-3)
・アクセス:JR瀬田駅前 帝産バス1番乗り場から 帝産バス 田上車庫行(101系統)13:15発に乗車、「生態学研究センター前」で下車(http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/access.html)

◆参加申し込み方法
・定員60名(先着順)
・申込期間:9月25日(月)から10月12日(木)17:00まで
・申し込み方法:受付サイト(http://goo.gl/forms/lXrEmYDOExUQvlnr2)からご登録頂くか、電話(Tel 077-549-8200)またはメール(shomu@ecology.kyoto-u.ac.jp)でお申し込みください。

◆当日のイベントスケジュール
・受付開始(建物玄関) 13:00-
----------------------------------------------------------------------------------
・学校で習わない生き物の不思議(第二講義室) 13:45-15:00
   ↓
・中野センター長からの挨拶
   ↓
・高林純示 先生「体験実習!寄生蜂の不思議(きせいばちのふしぎ)」13:50〜15:00
生物の教科書に載っていない話題をわかりやすく紹介します。今回は、寄生蜂という不思議な生き物のお話しです。コナガ幼虫に寄生するコナガサムライコマユバチ(KKB)を実際に見てもらいます。また、体長2ミリのKKBが野外でコナガ幼虫を発見する能力について、実習やゲームをしながら考えます。
----------------------------------------------------------------------------------
・アンケート作成(トイレ休憩)15:00〜15:15
----------------------------------------------------------------------------------
・正面ホール集合 15:15
   ↓
・川北篤 先生「CERの森 自然観察会(建物玄関集合、小雨決行)」15:20-16:00
※ 天候などの都合によりプログラム内容を変更する場合があります。
※ 森へ入りますので、長そで長ズボン、山歩きしやすい靴でおいでください。

※(帰り)生態学研究センター前発16:14、瀬田駅行きのバスに間に合うよう終了予定です。
・生態学研究センター前発のバス、16:14発の次は17:52発になります。
 なお、滋賀医大病院から(へ)も徒歩可能です

※昼食は生態学研究センター内で食事をとることも可能ですが、生態学研究センター内には、カップ麺とドリンクの自販機しかありません。

「学校で習わない生き物の不思議」2016

2016年は10月15日(土)13:00-16:00に行いました。