京都大学 生態学研究センター

menu

一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

生態研では、全国各地の京都大学の教育研究地施設が公開イベントを実施する「京大ウィークス」の一環として、一般公開「学校で習わない生き物の不思議」を行っています。地域の方に生態研の活動を紹介するとともに、科学や生態学、身近な環境に対する興味や関心を持っていただけたらと考え、毎年秋に開催しているものです。

2022年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」開催のご案内

ポスターの pdf ファイルは、こちらからダウンロードして下さい。(2MB)

◆内容:生き物の色や形には、敵から隠れたり、逆に目立って危険をアピールしたり、いろいろな機能や意味があります。前半は、そんな擬態や警告色の進化について谷内先生からお話をうかがいます。後半は、そんな多様な生き物たちと人間はどうやったら共存していけるのか、長く小笠原諸島で研究されてきた石田先生からうかがいます。

◆開催日時と場所
・日時:11月5日(土)13:40〜16:00(13:00から受付開始)
・場所:京都大学生態学研究センター(滋賀県大津市平野2-509-3)
・アクセス:JR「南草津駅」より12:52発の近江鉄道バス「松ヶ丘五丁目」行きに乗り、「松ヶ丘五丁目」で下車後、徒歩約10分(時刻表

※天候やコロナ感染状況などにより中止、あるいはプログラムが変更になることもあります。その場合は、参加登録された方にメールで連絡させていただきます。
※当日の様子を撮った写真を、開催の報告書やHP等で使わせていただくことがあります。
ご了承のうえ、お申し込みください。

◆参加申し込み方法
・対象:中学生以上
・定員:50名程度 (先着順)
・申し込み期間:10月5日(水)12:00~10月26日(水)12:00(定員になり次第締め切り)
・申し込み方法:受付サイト(ここをクリック)から「申し込みフォーム」でお申し込みください。

◆当日のプログラム
・受付開始(建物玄関) 13:00~
・13:40 あいさつ・生態学研究センターの紹介 (中野先生) 第二講義室
・13:50~15:00 学校で習わない生き物の不思議 第二講義室
  ・目立ちたがる生き物、まねる生き物の不思議(谷内先生)
  ・危機にある世界自然遺産の小笠原諸島の生き物たち(石田先生)
・15:00~15:15 休憩
・15:15~16:00 実験圃場見学(酒井先生)(*天候などにより変更になることがあります)

※(帰り)「松ヶ丘五丁目」から16:25発の近江鉄道バス「南草津駅」行きに間に合うよう終了する予定です(時刻表)。

2021年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

・2021年10月23日(土)13:40-16:00に行いました。

2020年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

・2020年10月17日(土)13:40-16:00に行いました。

2019年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

・2019年10月19日(土)13:30-16:00に行いました。

2018年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

・2018年10月13日(土)13:45-16:00に行いました。

2017年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

・2017年10月14日(土)13:45-16:00に行いました。

2016年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

・2016年10月15日(土)13:45-16:00に行いました。