京都大学 生態学研究センター

menu

一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

生態研では、全国各地の京都大学の教育研究地施設が公開イベントを実施する「京大ウィークス」の一環として、一般公開「学校で習わない生き物の不思議」を行っています。地域の方に生態研の活動を紹介するとともに、科学や生態学、身近な環境に対する興味や関心を持っていただけたらと考え、毎年秋に開催しているものです。
 2019年は二部制での開催で、100名程度の方に参加していただけます。

2019年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」開催のご案内(10月9日修正)

*強い台風接近のため、10月12日(土)の開催を見合わせ、開催日を10月19日(土)に変更させていただきました。

*9月25日11時の時点で、105名を超えましたので参加申込みを締切りました。
 たくさんのお申込み、ありがとうございました。

ポスターの pdf ファイルは、こちらからダウンロードして下さい。(1.2MB)

◆開催日時と場所
・日時:10月19日(土) 13:30〜16:00(13:00から受付開始)
・場所:京都大学生態学研究センター(滋賀県大津市平野2丁目509-3)
・アクセス:JR瀬田駅前 帝産バス1番乗り場から 帝産バス 田上車庫行(101系統)13:15発に乗車、「生態学研究センター前」で下車(http://www.ecology.kyoto-u.ac.jp/access.html)

※当日の様子を撮った写真を、開催の報告書や翌年の案内に使わせていただきます。
ご了承のうえ、お申し込みください。(参加者個人が判別できる写真は使用いたしません)

※参加される全員にリクレーション保険をかけさせていただきます。必ず、参加者全員の「ご住所・お名前・生年月日」のご記入をお願いいたします。

◆当日のイベントスケジュール
・受付開始(建物玄関) 13:00-
----------------------------------------------------------------------------------
※受付時にA組とB組に分かれます(内容は同じです)。
A組 50名
・13:30-14:40 第一講義室
  川の虫や魚たちの社会 (宇野先生)
  生き物の数のシミュレーション体験 (山内先生)
   ↓
・14:50-16:00 第二講義室
  森のきのこや植物・虫たちの社会(東樹先生)
  CERの森自然観察会(東樹先生)

B組 50名
・13:30-14:40 第二講義室
  森のきのこや植物・虫たちの社会(東樹先生)
  CERの森自然観察会(東樹先生)
   ↓
・14:50-16:00 第一講義室
  川の虫や魚たちの社会 (宇野先生)
  生き物の数のシミュレーション体験 (山内先生)
----------------------------------------------------------------------------------
内容:自然界では、生き物どうしが協力し合ったり、争ったりして、社会(生態系)ができています。今回は、森のきのこや植物・虫たちの社会と、川の虫や魚たちの社会について最新の研究を紹介します。裏山で自然観察をしたり、生き物の数の変化のシミュレーション体験もおこないます。みんなで生き物たちのつながりを調べよう!。
----------------------------------------------------------------------------------
※ 天候などの都合によりプログラム内容を変更する場合があります。
※ 森へ入りますので、長そで長ズボン、山歩きしやすい靴でおいでください。

※(帰り)生態学研究センター前発16:14、瀬田駅行きのバスに間に合うよう終了する予定です。
・生態学研究センター前発のバス、16:14発の次は17:52発になります。
 なお、滋賀医大病院から(へ)も徒歩可能です

※昼食は生態学研究センター内で食事をとることも可能ですが、生態学研究センター内にはカップ麺とドリンクの自販機しかありません。

2018年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

・2018年10月13日(土)13:45-16:00に行いました。

2017年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

・2017年10月14日(土)13:45-16:00に行いました。

2016年の一般公開「学校で習わない生き物の不思議」

・2016年10月15日(土)13:45-16:00に行いました。