京都大学 生態学研究センター

menu

研究分野

ここでは、生態研の主要な研究分野(テーマ)と主にどの教員がかかわっているかを紹介します。

各教員の名前の後の(Ⅰ)(Ⅱ)は、その教員の所属分科が、生態科学 I(動物学系)または 生態科学 II(植物学系)であることを表します。 名前をクリックすると、各教員の研究室のホームページにつながります。

*大学院進学に関しては、「生態研で学ぶには」をご覧ください。

水域生態学分野

様々な水域に生息する微生物から魚類にいたる多様な生物群集の生態や進化・多様性、生物地球化学的な循環に関する研究を行っています。主なフィールドはJaLERの准サイトにもなっている琵琶湖ですが、その他の湖沼や河川でも研究を行っています。

担当教員: 中野 伸一(Ⅰ) 宇野 裕美(Ⅰ)
      奥田 昇(Ⅰ)

 

熱帯生態学分野

熱帯林は地球の表面の2%に過ぎませんが、植物や動物の半数以上の種の生息地となっています。熱帯林の豊かな生物相がどのように育まれ維持されているのか、国内外の熱帯、亜熱帯林で研究を行っています。

担当教員: 石田 厚(Ⅱ) 酒井 章子(Ⅱ)

 

陸域生物相互作用分野

自然界においては、いかなる生物も他の生物と何らかの「つながり」を持っており、生態系のネットワークを作り上げています。このようなネットワークに注目して生物多様性の維持・創出メカニズムを解明し、生物多様性保全のための理論的基盤の確立を目指しています。

担当教員: 高林 純示(Ⅱ) 東樹 宏和(Ⅰ)

 

分子生態学分野

安定同位体比、分子解析といった手法を活用することによって、通常の方法では見ることのできない生態環境の変動や物質の流れ、その機構、あるいは生態現象の遺伝的基盤の解明に取り組み、生態学のフロンティアを開拓しています。

担当教員: 工藤 洋(Ⅱ) 木庭 啓介(Ⅰ)
      本庄 三恵(Ⅱ)

 

理論生態学分野

生物の生態に関わる現象を数式によって表現し、それを解いたりコンピュータ・シミュレーションで解析したりすることで、その現象を支配する法則性を明らかにします。

担当教員: 山内 淳(Ⅱ) 谷内 茂雄(Ⅰ)

 

保全生態学分野

地球上にはそれぞれの地域に特色のある生態系が存在し、そこには独自の生物多様性が見られます。保全生態学分野では、それぞれの地域の生態系の特色や、そこに見られる生物同士の相互作用ネットワークを明らかにしていくことを通じて、保全すべき生態系のあるべき姿を考えていきたいと思っています。

担当教員: 石田 厚(Ⅱ) 中野 伸一(Ⅰ)
      奥田 昇(Ⅰ) 東樹 宏和(Ⅰ)
      谷内 茂雄(Ⅰ)